芸能

平手友梨奈が欅坂46を脱退!卒業ではなく脱退だった理由って?

2020年2月23日、欅坂46不動のセンターである平手友梨奈がチームを脱退すると報道されました。

卒業ではなく脱退!

平手友梨奈のプロフィールや脱退という言葉が使われた理由について調べてみました。

欅坂46脱退を発表した平手友梨奈のプロフィールを改めて復習

まずは平手友梨奈のプロフィールを簡単に復習してみましょう!

2001年6月25日生まれの18歳
2015年から欅坂46として活動
1stシングルから全ての曲でセンター

欅坂46は、笑わないアイドルとして人気を集めてきたグループです。

そんな欅坂46のイメージを作ってきたのが平手友梨奈。

まさに、欅坂46の象徴ともいえる存在の彼女を中心として、欅坂46は成長してきました。

平手友梨奈は欅坂46を卒業ではなく脱退!

AKB48などのグループからメンバーが抜ける場合、一般的には卒業という言葉が使われます。

ですが今回、平手友梨奈は「脱退」。
しかも、一緒に発表された織田奈那、鈴本美愉は卒業。

平手友梨奈にだけ脱退という言葉が使われています。

というのも、平手友梨奈が脱退という言葉にこだわったそう。

元々こだわりが強く自分の意見をしっかりと持っている彼女。
卒業ではなく脱退という言葉を使ったのにも、彼女なりのしっかりとした意思があってのことなのでしょう。

2020年1月23日に出演したラジオでは今回の脱退について、
今は話したいと思わないので、いつか話したいと思ったときに」と話している彼女。

彼女の口から真相が語られるときと待つしかありませんよね。

平手友梨奈が脱退した原因はメンバーらとの確執!?

乃木坂46などとは異なり、社会に対する反抗心などを歌ってきた欅坂46。

平手友梨奈が表現したい心境を出し続けてきました。

そのため、平手友梨奈自身が欅坂46の楽曲やステージ演出に対して意見することも多かったそう。

スタッフやメンバーから慕われる一方で、乃木坂46のようなキラキラした曲が歌いたいメンバーとの距離が開きつつあったのも事実。

メンバーと対立することも多く、そのために平手友梨奈は心身のバランスを崩すことも多く休養をしていたとか。

多くの人がいるメンバー内でセンターとしてあり続けることは、とても大変なことですよね。

欅坂46のシングルは、2019年2月に出して以来、1年近く発表されていません。

それも、メンバー内で意見がまとまらなかったからとも考えられます。

グループの顔ともいえる平手友梨奈が脱退し、今後欅坂46がどのような方向性に進むのか、新しい欅坂46を楽しみにしていきたいと思います。